日本語を教える

20131006-100807.jpg
ハワイに住んでいる日本人のママ様達
それぞれの家庭で子供の日本語教育に対しての考え方が違います。
私は、何があっても、優先して日本語を習得させたい派です。

じいじ、ばあばと日本語で会話が出来ないのもさみしいし、日本にいる
お友達ともコミュニケーションが出来れば、アメリカ人の子供も日本人の子供とも遊ぶ事が出来る。
二つの国のそれぞれの違いや良い部分が学べる機会が増える。
自分の経験を含めて、21世紀ですから、
二カ国語を喋るのは、別に珍しい事でもない。理由は沢山あるのです。
今の所、チェイスは、私には日本語で主人には英語で話しています。

ハワイと言っても、やはり英語がメインなので、日本から帰ってきて、ちょうと半年くらい経ってくると、日本語のボキャブラリーが増えていない事に気が付きます。
何人かのバイリンガルにアドバイスをもらった結果、半年に一回、最低一年に一回は、日本へ行って、日本語だけの環境におく。ママは何があっても、子供には日本語で話すのを徹底するのが良いみたいですね

20131006-102236.jpg

20131006-102246.jpg
実は前職を息子の日本語教育の為に辞めた部分も大きいです。

毎日、コツコツと日本語を教え、日本語学校に通って、日本にも年二回連れて行き、
日本では、公文やテニスに通い…と時間とお金がかかりますが、嬉しい事に息子は日本が大好きです。努力すれば、スペイン語も出来そうですが、私がスパニッシュを話せません。トライリンガルの子供もいて、上には上がいるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください