月別アーカイブ: 2018年8月

闘志メラメラ

学校のテニスクラス。ヤングスターチームはやっぱり選抜された子達だけなので、皆上手だと見学した主人の感想です。

そのチームから数名が今週末のトーナメントに参加するらしいです。

「チェイス君、僕はトーナメントで君の事、打ち負かしちゃうから、ごめんねー」と言われたとチェイス。

で?チェイスは何て答えたの?と聞くと

うん。うん。と頷いておいた。だって僕は負けないけど、やれば分かるから何も言わない方がいいでしょ。。との事らしい。

それを聞いたいた、主人は、闘志メラメラに!そんな事言ってくる子に負けられない!とトーナメントで優勝する為に2人で毎晩いそいそとテニスコートへ練習しに行くのでした。

闘志メラメラ燃えてマス

いいなぁ

プナホウスクールで、

放課後のテニス教室に行ったら、コーチから、このクラスじゃなくて別のクラスにおいで、と言われた。

別のクラスは、コーチから選抜された子達だけが行ける

「ヤングスター」と言うらしい。このクラスで発揮できれば、きっと来年の五年生からは、「エース」クラスに入れる。

エースには、レベルが4つもあるみたい。

プナホウスクールのテニスはプロのコーチが沢山いて、

テニスコートも六面あって、大学バリの設備がある。

こんな環境で、スポーツが出来るチェイスが羨ましい。

私も私学に通っていましたが、学校の雰囲気からして全然違うの。

私もこんな自由さもある校風だったら、もっともっと学校生活が楽しく充実したかもしれないな。放課後にはクラシックバレエのクラスもある。

東京ドームが7個分の敷地内には学校のプレジデントも住んでいらっしゃるそうです。

これがプレジデントの住んでいる家。通っている子達が口を揃えて学校が楽しくて好きって言うのが納得しました。チェイスも通い始めたばかりですが、学校生活が楽しいらしい。

私の英語のレベルもきっと四年生位だから、入学させて頂けないでしょうかね。。。無理だけど。。

ハリケーン?

ハワイにハリケーンが来ると、ニュースなどでも毎日伝えています。

うちの家族は。。。

そんな時にもテニスに行ってから、、バッティング練習と、普段と同じ。

私もニュースを読んで知ったのですが、

過去60年間で、ハワイにハリケーンがヒットしたのは2回。その2回ともカウアイ島にヒットはしたのですが、北東からの貿易風と、ハリケーンは冷たい海流?に進むので、ハワイにハリケーンが上陸するのは、かなり稀らしい。備えて置くのは良い事ですが、我が家は至って平常心。

今回も無事に終わりそうですねー

来月も闘魂

分かってはいたけれど、息子は負けず嫌い。トロフィー欲しさに、びっくりのやる気モードでした。

強敵の11歳の女の子、初試合1戦目は彼女と6-5で負けたのでした。その時の悔しそうな顔。。「ママ、僕に話しかけないで」って下を向いてた。そして5戦して、周りわまって、またセミファイナルは、彼女と対戦!チェイスは、「一回は負けたけど、二回は負けたくないから、頑張る」と。結果6-0で勝った。

来月もテニストーナメントがあり、申し込みをしました。毎晩、毎晩、主人とテニスをしに近所のテニスコートに通っています。

次回のトーナメント影トレは、チェイスだけじゃ無かった。あの強敵11歳の女の子も練習していた。相手も次回は負けたくないのでしょう。

闘魂メラメラだ。。

新しい環境

新しい学校にもだんだんと慣れてきたらしいです。何もかも規模が違う。新しい学校での新学期が始まりました。「すごい広すぎて、迷っちゃう」と息子。

ある方が、プナホウスクール について、こう書かれていました。

プナホウ校は学術、芸術、スポーツにおける優れたリーダーの育成を目的とした学校です。校風は自由で生徒の自主性を重んじます。言い換えれば、自分から行動を起こせる生徒でなければ通用しなということです。

プナホウ校で入学枠があるのが、幼稚園、4年生、6年生、7年生、9年生です。受験では、学力テストの他、学校の成績、先生の推薦状、スポーツや芸術分野での活動実績、ボランティア活動経験などを総合評価します。日本の受験のようにテストで高得点をとれば合格できるわけではないので、子どもの個性をいかに伸ばし、アピールできるかが合格を勝ち取るカギとなります。 by船津 徹さん(日本語教室でお世話になりました)

学校に通いはじめて本当に、この通りだなぁって思います。個性を伸ばしながらリーダーシップを発揮できるような子に育って欲しいなと思います。